「若いうちに恋をした方が良いよ」「恋していないのもったいない」など言われることもあるように、恋をすることを
勧めてくる人がいますが、それを聞いていて「なぜだろう?」と思うことってありませんか。
恋愛は上手くいっている時には幸せな気持ちが大きいですが、失恋したり、トラブルがあったりと良いことばかりではありません。
それでも恋をした方が良い理由とは、どういったものでしょうか。

失敗を次に活かせる

恋愛に対して臆病になっていると、失敗するという経験もできません。
その為に男性を見る目が養われずに、周りから見たら「絶対幸せになれそうにない」と思うような相手と
結婚したりしてしまいます。っっb
恋愛で傷つくのは辛いですが、この人という人と巡り合うための準備期間だと思えば良いでしょう。
失敗することで、学ぶことは多いのです。

コミュニケーション能力を磨ける

恋愛は相手との距離がかなり近く、コミュニケーションが強く求められます。
自分とは違ったタイプの相手であった場合は、どうしたら良いのかわからないところから入りますが
相手を知り、尊重することで、コミュニケーションがとれるようになります。

コミュニケーション能力は、仕事、友達関係にも活かすことができます。

自分の視野を広げることができる

相手のことをもっと知りたいと思うので、相手の興味のある分野に視野を広げることができます。
例えばスポーツ観戦が好きな彼とお付き合いした場合、自分はあまりスポーツを知らなくても
一緒に観戦したらおもしろくて、ファンになるなどありますよね。

あなたがインドア派で彼がアウトドア派の場合などでも、新しい発見が多そうです。
彼を知ろうとする中で、あなたの世界が広がります。

恋愛にしかない楽しみがある

恋愛は家族や同性と一緒にいても味わえない気持ちを味わえます。
相手のことを思ってドキドキしたり、彼のことを頭の中で考えてみたり、他のことでは代わりが
きかないものでもあります。
恋愛のドキドキが女性を綺麗にするとも言われています。

おわりに

恋愛に臆病になっている人も、少しは恋っていいなと思えましたか。
素敵な恋を応援しています。